タクシードライバーの仕事内容を把握しながら仕事を探そう

仕事の流れを把握する

タクシーから降りる女性

仕事の流れ

求人情報に掲載されることが多いタクシードライバーの仕事ですが、求人に応募する前に把握しなければいけないのが運転手の仕事の流れです。
出社から退社までの流れをしっかりと学びながら、自分の働きやすい企業を探して、求人に応募しましょう。
タクシー運転手は、出社後、すぐにアルコール検査を行わなければいけません。アルコール検査で、異常が出てしまうと、飲酒運転となりますので、運転をすることができませんので気をつけましょう。
アルコール検査を終えたら、車両の点検を行わなければいけません。安全に運転をすることができるかどうか、しっかりと車両点検を行いましょう。
車両に異常が無ければ、最後に運行管理者と共に点呼を行い、情報をしっかりと共有しながらチェックを行い、出庫の準備を始めます。
出庫後は、利用客が多い場所を中心にタクシーを運転しながら、乗客を探しましょう。
勤務時間終了後は、会社に戻り、帰庫を行います。当日稼いだお金を納金し、お客さんに気持ちよく使ってもらうためにタクシーの洗車を行い、一日の業務が終了します。

勤務時の注意点

乗客を様々な場所に送り届けるタクシーの運転手ですが、タクシー運転手として働く時に最も重要なのが体調管理です。
タクシー運転手の求人を見るとわかるように、タクシー運転手は長時間運転を行います。そのため、休憩を取りながら運転に集中することが大切です。
たくさん稼ぎたいからと長時間運転してしまうと、集中力が低下し、運転に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

↑ PAGE TOP

メニューバー