タクシードライバーの仕事内容を把握しながら仕事を探そう

勤務時に必要な資格

丸っこいタクシーの模型

資格の特徴

タクシーの運転手は、一般的な普通免許などとは別に、第二種免許の取得が求められています。第二種免許が無い人は、タクシー会社の求人に応募することができないので気をつけなければいけません。
自分が働きたいタクシー会社の求人に応募するために必要な第二種免許の取得は、いくつか制限がありますので注意しましょう。
普通第二種免許の取得資格は、21歳以上で、普通免許などを取得後、3年以上経過していなければ取得できません。また、メガネやコンタクトレンズなどで矯正後の視力が片目で0.5以上、両目で0.8以上必要ですので気をつけましょう。
取得条件を満たしていても、交通違反などで免許停止などになっている時は、停止期間が満了にならなければ取得をすることが出来ませんので注意しましょう。

一部の地域で運転する

タクシーを運転しながら、乗客を乗せるためには第二種免許の取得が必要不可欠なのですが、東京や大阪などの一部の地域では、第二種免許とは別に地理試験を受験し、合格しなければいけないことが求人に記載されていることが多いので注意しましょう。
地理試験では、正解率80%以上が必要になりますので、勤務する地域の地理をしっかりと勉強しなければいけません。地理の試験や許可証の発行は、タクシーセンターで行われることが一般的です。
自分が勤務する地域で地理試験の合格が必要なのかどうか事前に確認しながら、求人に応募しましょう。

↑ PAGE TOP

メニューバー