タクシードライバーの仕事内容を把握しながら仕事を探そう

様々な働き方

夜のタクシーとその情景

仕事を探す時の注意点

タクシーの運転手として働く時に求人を見なければいけないのですが、多くの求人情報サイトには、勤務形態がいくつか記載されており、異なった働き方をしなければいけません。
運転手として働く前に、勤務方法の違いをしっかりと理解してから求人に応募することが大切です。勤務方法の違いを把握しないまま応募してしまうと、自分に合わない働き方で勤務することになってしまいますので注意が必要です。

働き方の違い

タクシー運転手の勤務方法はいくつかあり、隔日勤務、昼日勤務、夜日勤務、定時制など様々です。働き方の違いをしっかりと理解し、比較しながら自分が働きやすい働き方を選んで勤務することが大切です。
勤務方法として最も一般的なのが隔日勤務です。勤務時間が最大21時間になることもあり、長時間勤務をすることが多いのですが、翌日は必ず休みになります。通常の公休日も休みとして扱われます。
昼間のみ働くのが昼日勤務です。夜間は運転することが無く、週2日の休日を取りながら勤務するのが一般的です。
昼日勤務とは異なり、夜間のみ運転をするのが夜日勤務です。昼日勤務同様に週に2日休むのが一般的です。
正規の運転手ではなく、アルバイト、パートとして扱われているスタッフが勤務する場合は、基本的に定時制です。
定時制のタクシードライバーは、確実出勤や夜日制のタクシードライバーに比べて出勤日数が少ないので、自分の時間を多く持ちながら働きたいと考えている人に人気がある求人です。
勤務方法の違いをしっかりと把握しながら、自分に合った働き方を選んで、タクシー運転手の求人に応募しましょう。

↑ PAGE TOP

メニューバー